2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
秋の光景・・・緋衣川
- 2008/10/05(Sun) -

                   206-1.jpg

                  真っ赤な川のように咲くサルビア

 サルビアの赤はこうして群れて咲く様子を見ると、とても鮮烈に見える。
 まるで真っ赤な川が流れているかのように見えた。。。


 真っ赤な川っていうと・・・大きな合戦があった後の川の様のようで、そう考えるとちょっと不気味な川になってしまうので・・・この際は、深みを増した秋の夕焼けを映した川ってイメージで!(笑)


 サルビア・・・和名で「緋衣草」とも呼ばれる。
 いい響きの名だよね。
 「緋」って文字の持つ雰囲気が、この花の持つ深みのある赤い色にとても合うような気がする。

 私は・・・敢えて “ひいそう” とは読まずに、 “ひごろもそう” と呼びたい。


 「サルビア」と聞くと “あぁ、サルビアね。。。”って感じで済まされそうだが・・・“緋衣草”と言われると何故だか好奇心をくすぐられるような、ちょっと艶っぽさも感じたりする。。。(のは、私だけ???)


  「緋」は・・・宮中では五位の官人が着用する緋の衣(あけのころも)の色。 そう考えればそこはかとなく高貴なイメージだ。
 が・・・私などは、それよりも 「緋の長襦袢 → 遊郭の遊女」というイメージもしてしまったりして・・・当然ながら見たことも行った事もない「遊郭」という場所にイメージが連なっていったりして・・・(笑)

 嗚呼・・・我ながら緋色の長襦袢が、即、遊郭につながるなんざ・・・その方向の思考回路はかなり単純なのかも・・・嗚呼。。。


 で、川の流れのようなサルビアの群れ・・・秋の青空、穏やかな日差しの下、元気いっぱいな赤い色で咲いていた。。。
 その光景、イメージは夜の色町とは程遠く、あくまで健康的に!!!



                206-3.jpg


**この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

               ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<花、花、花・・・秋の賑わい | メイン | この白い花に似合う女性は・・・>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/227-13579217
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。