2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「性」ではなく「政」に求められるセックスアピール 
- 2008/08/27(Wed) -

                     165-1.jpg

         『ポリティカル・セックスアピール』―米大統領とハリウッド
                     井上篤夫 著

 アメリカではコロラド州デンバーで開幕した民主党大会で、民主党の大統領候補としてオバマ氏が、副大統領候補としてバイデン氏が正式に選任され、それを受けて共和党の大統領候補のマケイン氏も副大統領を発表し、いよいよ大統領選挙も大詰めの盛り上がりへと突入していく。。。

 そんな時期に読むと、とても面白い本だ。

 本書は、オバマとヒラリー、双方のイメージ戦略にも触れており、まさに 「今」 を読むと共に、歴代アメリカ大統領の数々のエピソードも満載・・・キムタクが総理に扮した日本のドラマにも言及している。

 アメリカ社会では、映画が発達し、その後TVが普及し、政治家達も映像の持つ影響力に気付き始めた。 ましてや、その政治家達の頂点、アメリカ合衆国大統領を目指す人々にとっては、映像によるイメージ戦略は、今や欠くことの出来ない大切な要素となっている。

 かつて・・・議員としてその経験の豊富さで大統領選挙を有利に戦っていた共和党候補はTVでの討論会でメークを拒んだばかりに、もともとの髭の濃さと目の隈が目立ち、疲れているように見え、一方の民主党の大統領候補は爽やかな笑顔で若々しく見えた。。。
 このTV討論を機に民主党候補は、一気に歴史に名を残す大統領への道を驀進していく。。。
 イメージで敗れた共和党候補は後に大統領となるリチャード・ニクソン。 若々しさ溢れるイメージを売り込んだのは、言うまでも無くジョン・F・ケネディ、その人である。
 これは、アメリカではイメージ戦略がいかに政治に大切かを語るに、あまりにも有名な話だ。
 だが・・・このTV討論会が行われた時、ニクソンはケネディよりたった4歳だけ年長に過ぎなかったってことは意外と語られない。
 ニクソンが、4歳しか違わないのにケネディよりよほど豊富な政治経験を積んでいることを効果的にアピールすることが出来たら・・・この年の大統領選は違った結果になっていたかもしれない・・・。
 そういう意味では、ケネディ陣営が効果的なイメージ戦略をとったという以上に、ニクソン陣営があまりに下手を打ちすぎたという観方も出来るのかもしれない。

 今やアメリカの政界で生き抜くには、そのイメージ戦略が欠かせず・・・そこには映像界を牛耳るハリウッドの関係がホワイトハウス中枢にもしっかりと根を張っている。

 何故、オバマが一気に民主党の有力大統領候補に登りつめたのか?
 現在の連邦憲法では大統領にはなれないが・・・将来的には現カリフォルニア知事である あの人 も大統領選に名乗りを上げることも有り得る話し・・・。
  
 などなど・・・過去、現在、未来に渡って大統領中心に語られる様々なエピソードは読んでいて実に面白い。
 そして、大統領選がいよいよクライマックスを迎える 今 こそ、読むに相応しい時期だと言える。
 アメリカ大統領選が、2倍とは言わないが・・・少なくとも1.5倍は楽しくなることは間違いない!

                      165-2.jpg


  



**この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

               ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<戻り夏 | メイン | お気に入りの夕景ポイント>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/192-ba0e5f78
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。