2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
落花余情
- 2008/08/15(Fri) -

                  159-1.jpg

                 落花、池に白い花を咲かせる

 オニバスを観に行った。
 と、いうか・・・その池に行ったのは夕方だから、午前中に花を開くオニバスの花が咲いているのが観られる時間ではないのだが。。。
 
 すると・・・その池に、小さな白い花が浮かんでおり、その白い花弁は風に吹かれて水面を滑るかのように漂っている。
 
                 159-2.jpg

 池の辺に咲く百日紅がちょうど満開を迎えており、その百日紅の枝から落花した花弁が・・・もう一度池の水面で花を咲かせているかのような光景だった。。。

 『落花余情』・・・そんな言葉が脳裏に浮かんだ。。。

 風に吹かれて水面を漂う白い花弁・・・離れていた白い花が時に集まり白い花の帯となり、また風に吹かれて散り散りに離れていったり・・・その様は、なかなか趣きのある光景に感じた。。。

 桜もそうだが・・・ある意味、萎れても尚へばりついているような花ではなく、あっさりしているくらいに
散り際が見事な花だからこそ、散った後にも情を感じさせる道もある・・・ということか。。。

                  159-3.jpg
 



**この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

               ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<平和を祈る日 | メイン | A Short Story ~ 夏の終わりのはじまり>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/180-7ab2c8a3
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。