2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
白い花から谷亮子選手の道着へ(話題流転)
- 2008/08/11(Mon) -

                  156-2.jpg

                 白い花から話題は転々と・・・

 今日はとにかく話題が転がります。。。お暇なら、Seionの“ぼやき記事”におつき合い願いたく。。。

 何故、白い花からかというと、惜しくも銅に終わった谷亮子選手・・・彼女の試合を見ていて、痛切に思ったのは、やっぱり白い道着が似合う!ってことだ。
 それは、彼女が “JUDO選手” ではなく “柔道家“ だからだと思う。
 まともに組み合ったら、まだまだ谷選手は表彰台の一番高い所に登ることだろう。。。
 銅は立派だ。
 だが、三位決定戦を闘う彼女の表情は “闘う者” とは思えないほど無表情、というか、何故自分がここで闘っているのか理解できていないようにも見えた。
 それでも一本勝ち出来てしまうのは・・・“意地”というより“柔道家の本能”だと思えた。
 これから一線を退き、主婦、母に重きを置くという判断も、現役続行も彼女次第・・・まずは、ゆっくり休んで、ゆっくり考えて、自分の納得出来る “道” を歩んでいってもらいたい。

                  156-1.jpg
 
 で・・・北京オリンピック。。。
 とても壮麗で見事な開会式だった。たっぷり資金をつぎ込み、お得意の人海戦術を用いた、壮大なショーを見せていただいた。
 あんな開会式を行える国もそうそうないだろうと・・・見入ってしまった。
 が・・・世界中から寄せられた様々な国の子供達の笑顔が無数の傘に映し出される演出(その演出そのものは実に見事な発想と技術!)に至った時、私の心の中で急に醒めた感情が広がった。。。

 “そりゃないだろ。。。このオリンピックの聖火リレーを成功させるために千人を越える反体制活動家と疑われる人々を拘束しておいて。。。その人々にも子供はおり、その子供の顔に笑顔は浮かんでいるのか??? チベット系民族の多くの子供達の笑顔は・・・担保されてるの??? あなた達の国が資金、武器など供与し支援しているミャンマーの軍政の圧政は、ミャンマーの多くの子供達の笑顔は雲らせているんじゃないの???” などなど・・・今回のオリンピックほど開催国が国内外で抱える問題を意識させられる大会も実に珍しい。。。
 “オリンピックが終わっても・・・ちゃんとダライ・ラマやチベット亡命政府と話し合っていく姿勢を保っていくつもりでいる???ホントにそう???”などなど・・・“?”が結構一杯。。。

                  156-3.jpg

 そのオリンピック開催日を狙って世界的な注目を集めようと目論んで始められた、グルジアのサーカシビリ政権の南オセチア紛争は、当然そうなるだろうと思われた通りのロシアの軍事介入で、非常に危険な状態に陥っている。。。
 まさか、ロシアとNATOが正面切って睨みあって、一発触発なんてことはないだろうが・・・恐ろしいのは・・・この戦闘行為が、その名を借りた民族浄化の惨状を呈することだ。
 親露系住民はグルジア政権にとっては邪魔者、親欧米系住人はロシアにとっては敵・・・双方住民が互いに危害を加えあうなんてことになったら・・・地獄絵図だ。。。
 もし、日本のある一部地域に在日の他の国の民族系の人々が結集して、その地域の日本からの極地的な独立を望み、宣言し・・・それを資金、軍備面でその民族系の日本近隣のある国が支援し、それだけにとどまらず、平和維持を金看板に軍隊まで進駐させてきたとしたら・・・そして、その地域の住人に勝手に自国のパスポートを発行し、勝手に自国民扱いしはじめたとしたら・・・どうだろう。。。
 いかに“弱腰外交”が常の日本政府であっても “そうですか?では、その地域はあなた達の国と近しい独立国と認めましょう!”って運びになるだろうか???
 否!そんな無抵抗的お人好しの国なんて存在するはずもない。
 ロシアは、南オセチア地方の自治州の親露住民にパスポートを発行し、自国民に近い扱いをするくらいなら・・・その住民を連れて軍と共に国際的に認められた境界線のロシア側に撤退すべし。
 だが・・・そうはならない。絶対に。 ロシアは親露系の住民を守りたいのではなく、自国に隣接した国のNATO加盟を阻止したいのだし、南オセチア地方の親露自治州をNATOへの堤防としたいだけだし、あわよくば、グルジアの併合まで・・・と、考えていると思われる。
 こうなると・・・プーチン体制による、ロシアの新ソ連化が一層進んでいるとしか思われない。

 果たして・・・このオリンピック開会式同日作戦開始をアメリカは全く知らされていなかったのか?
 保守派からは多分に弱腰と見られているライス長官率いる国務省は知らなかったとしても・・・ペンタゴンは本当に知らなかったのか???
 オリンピックの開催に水を差された中国もとても微妙な立場だ。。。 安保理で“拒否権発動仲良しコンビ”のロシアを支持すれば、民族の自主的独立運動に他国が介入することを認めることなり、自国の民族運動の沈静化にはマイナス要因となりかねない・・・。
 この紛争・・・大国同士の駆け引き(パイプラインの領有などの要因も絡み一層複雑)で対応が遅れれば遅れるほど・・・その地域住民の民族浄化という名の大虐殺を引き起こしかねない深刻な紛争だ。。。

 そのオリンピックの開会式当日は・・・言うまでもなく長崎に原爆が投下された日だった。
 NHKを含めて日本のTV局のニュースのトップは、オリンピック関連ではなく、長崎の平和式典など、原爆の日に関することであるべきなのではないか!
 大きな疑問と憤りを感じながら、オリンピック関連の後に報じられた長崎での式典の様子を見ていた。。。

 忘れてはならない。。。
 オリンピックを華々しく開催している国も、グルジアに軍事介入した国も、その国を非難し、対峙姿勢を強めているNATO加盟国の多くも・・・核保有国であることを。。。



 国と国との闘いは・・・武器を持ってでではなく、スポーツ精神に則ったオリンピックなどの国際競技の舞台で熱く、激しく、正々堂々と繰り広げられるだけ・・・って世界に・・・いつかは。。。

 オリンピック開催期間だからこそ、そんなことを声高らかに世界中で語り合って欲しいと願う。。。

                  156-4.jpg




**この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

               ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | NEWS | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<和風のカフェの前身は・・・ | メイン | 丸裸の恋心を綴った文の数々・・・>>
コメント
- -

どこもそうなのでしょうが・・・
「鳥の巣」のすぐそばに、かなり貧しい地域が
露出していました。
多分国は時間があれば、隠してしまいたかったろうと
思います。日本以上の格差を感じました。
貧しさの中にも人々の瞳は輝きキラキラしていました。
調度戦後の日本人のような。

目の前でオリンピックが・・
なのに開会式のチケットは高値の花!という民衆。
中国のオリンピックを支えているのは本当はこの人達
なんだろうなぁ~と独り考えることでした。
2008/08/12 23:43  | URL | はな #-[ 編集] |  ▲ top

- はなさんへ -

北京オリンピック、盛り上がってますね~!

でも、北京市民、中国国民が諸手を挙げてオリンピックを楽しんでいるのか・・・ちょっと ? ではありますね。

中国が “国の威信を内外に知らしめる” のが第一義な大会って感じですからね。。。
2008/08/13 13:30  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/177-4b63796a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。