2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
宮崎駿監督の“目”
- 2008/08/06(Wed) -

                  20080805222555.jpg

          『プロフェッショナル 仕事の流儀』の宮崎監督を観て

 今晩のNHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』は『崖の上のポニョ』を製作していく途上の宮崎駿監督を延べ300日密着した労作だった。
 これだけの長いスパンの取材は・・・さすがNHKというか、NHKだからこそというか・・・いづれにしてもなかなか見応えがある番組だった。

 手書きに拘った宮崎監督が絵コンテを描いていくシーンなど・・・普段は見られない宮崎アニメの製作過程などもとても興味深かった。

                  20080805231435.jpg


 私は・・・『ナウシカ』をはじめ、宮崎監督の作品は、ほとんど劇場で観た。
 ジブリ作品というより、宮崎監督の作品だから・・・だ。
 『ハイジ』は大好きだし、ルパンでは『カリオストロ』が最高傑作だと思っている。
 
 だが・・・気になっていたことがある。
 『もののけ姫』を境に、『千と・・・』『ハウル』と・・・宮崎監督のストレートなメッセージ性が薄くなってきているように感じられるような気がして仕方なかった。
 
 今回の新作『ポニョ』で、それが何故なのか・・・私的になんとなくわかったような気もしている。
 宮崎監督が映画によって訴えたい対象を、いよいよ子供に絞り込んできているんだろうと感じられる。。。

 それが何故なのか? 
 もう大人にメッセージを送ってもダメだと宮崎監督の一種の絶望なのがどうなのか???
 それは・・・わからない。。。


 今回の番組・・・『ポニョ』のラストに向かうシーンと宮崎監督の母への想いをリンクさせたのは・・・ちょっと 作り込み 過ぎだとは思ったが・・・そういう監督の 想い が映画に投影されることはあるんだろうな・・・と思って観た。

 そして・・・途中から あることに気づいて、いや、私にはそう見えて、と言った方が正確なのだろうが・・・宮崎監督の顔が画面に映る時には、監督の “目” を ジィ~っと見ていた。
 67歳になろうとする宮崎駿監督・・・髪や髭は白くなり、顔に刻まれた皺も年齢に見合ったものだが・・・目がとても若く・・・というか、時には子供のような目にも見えたりした。。。

          20080805231807.jpg  20080805232031.jpg

 勿論、映画を作ろうという意気込みで “目力” を感じさせることもあるだろう。。。
 だが・・・宮崎監督の目は、明らかに若く見えた。私にはそう見えた。
 きっと・・・クリエーターとして、目に映るものに対する好奇心、注意力が旺盛だからこそだと思う。

 今回の『ポニョ』で長編映画は最後・・・とも語られてはいたが・・・あの “若さ感じる目” を見ると・・・いやいや、まだこの先の作品もありそうだな・・・と、思えてならない。。。(笑)


 で・・・『崖の上のポニョ』・・・劇場に観に行くかどうか・・・実は、まだ決めてはいないSeionです・・・。

                  20080805222349.jpg





**この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

               ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<仏陀の血痕から生えた花? | メイン | 暑さに立ち向かう、Seionの日曜日>>
コメント
- -

前、この方がテレビで話しておられました。
「僕のアニメを何回も繰り返し見てるようじゃ
いけない、子供は外で遊ばなくては・・」って。
すごーく、びっくりしました。仙人みたい、素晴らしい
今回はポニョ、どんなんでしょう、楽しみ♪

  「魔女の宅急便が好きなんです、私。
2008/08/09 20:49  | URL | はな #-[ 編集] |  ▲ top

- はなさんへ -

ホントだね。。。
家の中だけで遊んでいるんじゃなく、子供はやっぱり外で元気に遊ぶ時間もないとね。。。
さすが宮崎監督!いいこと言うなぁ~!

私・・・「ナウシカ」「紅の豚」「もののけ姫」が好きなんです!(⌒_⌒)
2008/08/10 03:42  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- こんばんは^^ -

またお邪魔してます~^^
それでまた以前の記事にコメ。すみません><
ホクシャ。和風のイメージでしたが、最近はたくさんかわいいものが出てるのですねー。

このTV見ました 映画を見た後だったけれど、すごく印象に。やはりトキさんが監督のお母さんのイメージで。というところに感動・・。悩みながら書かれているのが残ってます  そうすけのお母さんの感じも、同じ母としては、そうそうそんな感じ~!と楽しかったです
 母性がたくさん感じられました^^

記事の監督の眼差しの写真良いですね。
写真がご趣味と・・。
写真て、詩や俳句に似てるな~と思う今日この頃です
2009/02/11 18:59  | URL | +yuyu #xIqzmozA[ 編集] |  ▲ top

- +yuyuさんへ -

うん。うん。
宮崎監督自身のお母さんへの思いが映画に投影されているってのは印象的なエピソードだったよね。。。

まさに・・・“作品を産み出す”って感じの監督の姿も印象的で。。。


私の写真の腕前など拙いものではありますが・・・花の写真を撮ったりするようになってから、季節の移り変わりに敏感になったような気がします。。。
ですね。感性の部分で特に季語を重んじる俳句などとは共通する部分ってあると・・・私もそう思います!
2009/02/12 00:38  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/173-2276942b
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。