2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
散歩中に出会う者達
- 2008/07/09(Wed) -

                  124-1.jpg

             クロアゲハはなかなか花には止らない

デジカメ持って散歩していると、いろんな生き物達に出会う。
主には季節の花を撮りたいと思って歩くのだが、そんな様々な生き物にもレンズを向ける。
特に珍しい生き物ではなく、どちらかといえば人の生活圏の中の身近な生き物だが、時として、とても可愛らしかったり、変わった生態を見せてくれるし、昆虫などは・・・家に戻ってからどんな種類のどんな名前なのかを調べるのも、ちょっとした知的好奇心の満たしになってくれるような気がする。

たとえば・・・こんな親子のお散歩光景に出会った。

                  124-2.jpg

キジの仲間のコジュケイの親子だ。
雛が3羽いたのだが・・・その雛のすばしっこいこと!
シャッターを切るまでに2羽は藪の中に姿を隠していて、雛が1羽しか撮れなかった。
7月後半から8月初旬まで、こうして子育てが続けられる。

花を撮りたいと思っているのだから・・・当然、蝶の姿はよく見かける。

          124-3.jpg  124-4.jpg

よく出会うわりには、アゲハ系の蝶はなかなか撮りにくい。
花の密を吸うにも、なかなか花に止らず、ホバリングした状態のことが多いからだ。
上の画像のクロアゲハもホバリングしていたのだが、タイミング良く撮れたほうかな。。。
なんだか、こちらを見ているようでカメラ目線のように感じられて、ちょっと可笑しい。
モンシロチョウも外敵が多いせいか、警戒心が強いので、結構近くで撮るのは難しかったりする。

蝶と同じようにトンボにもよく出会う。
が、思いの外トンボの種類は多いので、写真を撮った後、家でその画像を見ながら、写っているトンボの名前を調べたりする。
これが存外面白かったりする。

      124-5アオビタイ  124-7オナガサナエ  124-8シオカラ

        アオビタイトンボ       オナガサナエトンボ     シオカラトンボ

シオカラトンボは間違いないとして・・・前2つは・・・万全の自信というわけではない・・・。
だから・・・想定ってことで!(笑)
調べてみるとわかるが、人里にいるだけでも、実はトンボって種類が多いってことがよくわかった次第。

そして・・・水辺に付き物なのはカエル君!

大人になりかけの姿を見つけた! 尻尾がとれたら一人前だね。

                   124-9.jpg

                “早く大人になりた~い”って感じ?

一方、大人になったばかりのアマガエルはなかなか大変だ。。。
池や田んぼから這い出して、大人になったら生活する木や藪に移動しなければならない。
その移動中が鳥などの外敵に狙われやすい。
命がけの移動中に、とても滑稽な姿を見た!
大人になったばかりの1匹のアマガエルが、一生懸命に池の柵をよじ登ってきた。。。

                  124-9-1.jpg

          “ふぅぅぅぅ~ ようやく一番高い所にたどり着けたよぉ~”
今までは水の中にいたわけで、陸上の生活に慣れていないアマガエル君・・・よほど疲れたのか・・・

                  124-9-2.jpg

             “疲れたぁ~ 一休み。。。一休み。。。”
と、ばかりに、こんな風に丸まってくつろいで休憩ポーズ!(笑)
が・・・笑い事ではない。
こんな無警戒な姿を晒していたら・・・鳥の格好の餌食になっちゃいそう・・・と、見ているこちらが心配になっちゃうほどに、堂々となごんでた。。。。(汗)


ま・・・↓のようになごんでいても・・・猫ちゃんなら心配はないのだが・・・(笑)

                  124-9-4.jpg

散歩中に、こんな生き物たちの姿を見かけたりすると、面白かったり、癒されたりしながらも・・・人間の営みの影響をまともに受けることになる生き物の多さに改めて気付かされ、いろいろ考えてしまうこともあったりする。
そんな意味でも、人はもっと身近な生き物に目を向ける機会を多く持つべきかな・・・とも思ったりもする。




**この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

               ブログランキング・にほんブログ村へ  

スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<『ゴンゾウ 伝説の刑事』を観た | メイン | 七夕の夜・・・>>
コメント
- -

身近な生き物・・・ミミズと毛虫。。。
目を向けたくなくても向けてしまう・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

いつかイトトンボを見かけたら撮って載せてくださいね。。。
2008/07/09 00:35  | URL | モカ #-[ 編集] |  ▲ top

- モカさんへ -

いらっしゃいまし♪(笑)・・・忙しいのかな?

毛虫が嫌いなくせに・・・
いや、嫌いだからこそ・・・
見なけりゃいいのに、山歩きの最中などに、
私から見れば、わざわざ探して見つけているとしか思えない・・・
そんな不思議な女性のなんと多いことか!(笑)

毎夏、山の中の渓流に遊びに行きますので・・・
川トンボなら結構撮ってますよ。
川トンボのあの微妙な青い光具合が好きです。
2008/07/09 00:45  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- さすが! -

あ~、うん、さすがSeionさんだな~!

人も動物も樹や植物達も、仲良くしなくては
いけないと思うんですよね。

みんなが小さな生き物や、モノを言わない生き物達に
少しでも目を向けることができたら・・・

世の中、少しは変わるんじゃないかな~と思います。

それから、私もイトトンボが見たいので
お待ちしていま~す(^-^)v

2008/07/10 00:44  | URL | Bloom #-[ 編集] |  ▲ top

- Bloomさんへ -

ホントだよね。。。
モノ言わない生き物たちの命を大切にしない人が
多くなってくるのはホントに怖い。。。

子供の頃から、自然に触れ、生き物たちの命の営みに
触れる機会は多ければ多いほど良いと思う。。。

イトトンボ・・・小さいから難しそうだけど・・・
散歩中に気をつけて見ていることにしまーす!(⌒_⌒)
2008/07/10 09:29  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/142-3096d6c1
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。