2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
感動 - 伝えずにはいられない一文
- 2008/07/06(Sun) -

                     120-1.jpg

         多くの人に読んでもらいたい、宮城まり子さんの文章

私が読んでいる夕刊に宮城まり子さんの自伝的エッセイは掲載されていることは、吉行淳之介氏との愛についての記事を書いたときにも述べた。
「この道」と題されたエッセイで、今まで多くの著名人が自分の半生について書いた文章が掲載されてきたが・・・宮城まり子さんの文章は、傑出していると・・・私は思っている。

昨日(7月5日)の夕刊の記事には、感動して・・・思わず涙目に・・・。
この文章、この夕刊を読んでいる人だけが読むにとどめておくのはいかにも惜しい。
内容は勿論だが、新聞のコラム欄という字数も限られた文章で、一字一句、これ以上過不足なく綴られたこの文章・・・名文と言って過言ではない。
私などが取捨選択して、この文章の素晴らしさを損なっては申し訳ない。
ということで、全文まるごと紹介させていただくことに。。。

                     120-2.jpg


        ☆,。 ・:*:・゜★,。 ・:*:・゜☆,。 ・:*:・゜★,。 ・:*:・゜★,。 ・:*:・゜☆,。 ・:*:・゜★

                        『勇気と決断』

 朝日ホールでした。 私のショーで、私は、たくさん唄い終わって、カーテンコール。 サウンドオブミュージックの『ドレミの歌』を唄いました。 ちっちゃな子供たち(合唱団)と舞台で一緒に唄いながら、最後のマーチのところ、私は客席に下りていきました。 お客さまも唄いながら、手拍子をとってくださってました。 客席の中でお母さんのひざにいた女の子がしがみついてきました。
 私は、その子と手をつなぎ合って、歩き始めました。
 はっとしました。その子が、ひどく歩きにくそうだからです。 舞台に、上がる階段のところで、私は、気がつきました。 その子、両足がとても不自由でした。 舞台にその子をのせようか、そこで、お母さんのひざに返そうか? けれど、ここでやめたら、この子の心に傷がつくと思いました。 他の元気な子供達と一緒に行進することが、一番いいと決心しました。 「やる?」とささやきましたら「うん」と、うなずいて這って階段を上がりました。 そして舞台の上で、大勢の子供たちと一緒に、手を振りました。
 「アー アー アー アー」
 大きな声で叫びました。 歌の途中から観客は、割れるような、言葉で言い表せない、激しい拍手を送ってくれました。 その子の行動が素晴らしく、美しく、「感動を拍手に変えて」くださったのです。 緞帳(どんちょう)が下りてドレミちゃんのほっぺたにいっぱいキスしました。 その子も私に、キスしてくれました。 続いて、合唱団の子もほっぺにキス、こっちもキス。 健康な子も、ドレミちゃんも、私も。 キスでベタベタになりながら、みんな泣きました。
 忘れることのできない出来事でした。 迎えにいらっしゃったお母さんも涙でぐしゃぐしゃ。 そして「ありがとうございます。まり子さん。あの子が、人前で、あんなに楽しそうにしたのを見たの初めてです。もう九歳になるのに、私のひざの上ばかり。あんな勇気があったなんて、私、こどもに感謝します」。
 いいえ、それどころではありません。 私に、すべての子が、幸せに、愛されて、いなくちゃいけないんだと、学園を建てる決意をさせてくれました。 ありがとう、元気でいてくださいね。


        ☆,。 ・:*:・゜★,。 ・:*:・゜☆,。 ・:*:・゜★,。 ・:*:・゜★,。 ・:*:・゜☆,。 ・:*:・゜★

まさに・・・舞台の上はノーマライゼーションそのもの。。。
まり子さんの決断も、決断した後、「やる?」と尋ねる優しさも見事。
ドレミちゃんの勇気にも拍手!

宮城まり子さん・・・溢れ出さんがばかりの豊かな感性の持ち主だ・・・。(驚!)

読んだ私が、紹介せずにはおられない気持ちになった一文です・・・。
読まれた方が、口伝えで・・・文章で・・・多くの人に広めていっていただけたらこの上ない喜びだ。
そうするだけの・・・優しさと力強さに溢れた・・・素晴らしい文章だと思う。

                  120-3.jpg




**この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

               ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<脱皮した香織登場! | メイン | 桔梗、その花にまつわる話し(その弐)>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/140-66e89a50
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。