2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
桔梗、その花にまつわる話し(その弐)
- 2008/07/05(Sat) -
                  119-1.jpg

         時空を越え、桔梗の紋で結ばれる二人の歴史上の人物
さて・・・昨晩に続いて 桔梗夜話 にございます(笑)

桔梗の家紋を持った、歴史上の人物で特筆すべき男が二人いる。
どちらも、歴史が大きく転換するターニングポイントに大きな役割を果たした・・・。

日本史上、最も高名な反逆者・・・明智光秀と日本史上、最も人気のある坂本竜馬・・・だ。
二人とも桔梗の家紋を背負って生きた。

        明智光秀桔梗紋        組合角に桔梗

         明智光秀の桔梗紋        竜馬の坂本家の組合角に桔梗紋

この両者の桔梗紋には由縁ありとの説があるのだ・・・。

                     119-2.jpg

明智光秀・・・言わずと知れた・・・本能寺にて織田信長を討ちし者。。。
その光秀の従兄弟に明智左馬之助がいる。
その明智左馬之助・・・本能寺に信長を討って11日後、光秀が中国大返しで畿内に戻った秀吉に山崎で破れた時、信長の居城・安土城を攻めていたが、光秀の敗戦を知り、急いで坂本城へ引き返す途中、打出浜より路を湖水に求め愛馬にまたがり琵琶湖を渡り、明智の本拠地である坂本に帰った。
(この湖水渡りの勇姿は現在にも語り継がれる勇壮な逸話)
が・・・時すでに遅く、坂本城は秀吉の軍勢に囲まれ、光秀の妻子らと共に、城もろとも落命した。。。

のであるが・・・
その明智左馬之助の妾腹の子である太郎五郎が、坂本城落城寸前に城落ちし・・・助かった。
その後、土佐に逃れ、坂本城の地名、坂本姓を名乗って帰農した後に四代目が酒造業に転じた。
やがて家業によって得た財によって士分を買い取り、町人郷士となった。
頷ける点もある。。。
坂本城落城当時・・・明智光秀の妹が母である斉藤利三の妹は、当時土佐を治めていた長宗我部元親の妻となっていた。。。
その坂本家では、代々自らの家系が明智左馬之助の血筋だと自認していたようだ。
やがて・・・その坂本家に幕末維新に大きな役割を果たすことになる竜馬が生まれる・・・。

と、いう・・・まことしやかに語られる説がある。。。

                      119-3.jpg

一冊の本がある。。。高校生の私が読んで、歴史の観方を転換させられた一冊だ。

                    51ZTDFM2HEL2.jpg

                   『産霊山秘録 』 半村 良 著

本書で半村さんは・・・坂本城から逃れた太郎五郎とは明智光秀の長男であるとした。
日本古来から日本の国の在り方、バランスをとるべく暗躍する ヒ一族 なる者達が、歴史の影で暗躍してきてきていた。。。
明智光秀もその一族の者で・・・それが故に織田信長を討つことになった。

確かに・・・このプロットには、今の私でも納得させられる。
日本史上、天皇家が絶える絶対的な危険性があったのは二度あった・・・と。私も思っている。
一つは、言うまでも無く先の大戦で敗戦国となり、マッカーサーが日本に乗り込んできたとき。
もう一つは・・・
根本的に無神論者であったが故に・・・“ならば、我を神と呼べ”とまで言ったと言われる信長があのまま生きていたとしたら・・・その危険性は大いにあったと思う。
皇室を滅ぼそうと考え、それだけのことを実行できる野望と軍力と胆力を持ち合わせる可能性があったのは、信長が唯一の人物であったと思う。

だから・・・
半村さんが明智光秀を ヒ一族 としたのにも合点させられてしまった。
坂本城を落ちた光秀の嫡男、太郎五郎はやはり一族につながる山内一豊の妻、千代によって密かに養育され・・・やがて、山内家が国替えによって土佐に赴くのに付きしたがって土佐に入り。。。
やがて、その太郎五郎の子孫の坂本家に竜馬が生まれ・・・幕府から皇室に実権を移すことに奔走する。。。

                    119-4.jpg


半村さんは『戦国自衛隊』の著者で有名だが・・・私が好きな、この『産霊山秘録』や『石の血脈』、『妖星伝』などは、話しのスケールが大きすぎてなかなか映画になど出来るものではないと思う(笑)
この『産霊山秘録』で・・・所謂、学校の授業などで教えてもらう歴史も、違った方向から見つめれば、違った観点、違った立場の歴史がわんさかあるだろうな~と考えるようになった。。。
そういう意味で、とても影響された本。

高校時代の夏休みの課題の読書感想文に・・・こんなSFチックな本で・・・どうかなぁ~? とは思ったが、この本でも感想文を書いて提出した。。。
のだが・・・その感想文を読んだ当時、担当だった現国の先生が・・・すこぶる変わり者で・・・こともあろうか、半村良の大ファンで・・・それ以来・・・“これ読め” “今度はこれだ” と・・・どんどん半村良さんの本を押し付けるように貸してくれて・・・私もすっかり半村良のファンにされた・・・(汗)
そのおかげで・・・私はすっかりその先生の“お気に入り”になったようで・・・現国のテストの点数は・・・かなり良かった!
数学とかとは違って、国語なんて、採点に教師の主観が入りやすい科目だし・・・(笑)
その先生・・・ホントに変わった人で・・・それから数年後、教師を辞めて、仲間と共に理想郷的な村を作ると言って何処かの山に行ったという噂を後輩から聞いた。。。
“あぁ~あの人なら有り得るかも・・・”と、妙に納得したことを覚えてる。
しかし・・・そんな変わった教師に気に入られた私って・・・(汗)

話しがそれた。。。閑話休題・・・。

と、いうわけで・・桔梗の花は、私にとっては、桔梗の紋を背負った明智光秀と大好きな坂本竜馬を結びつける、ある意味 “隠された歴史” に思いを馳せさせてくれる花だ・・・。

そんな私の 雑感 などとは全く無関係に・・・今年もいろんな所で品の良い白い花、青紫の花を咲かせて目を楽しませてくれる桔梗の花が・・・梅雨明けと夏本番の到来の近さを告げてくれているようだ。。。

と、なんとか桔梗に話しを戻したところで・・・桔梗夜話・・・これにてお開きとさせていただきとう存じます。。。(笑)

                  119-5.jpg





**この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

               ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<感動 - 伝えずにはいられない一文 | メイン | 桔梗、その花にまつわる話し(その壱)>>
コメント
- ご無沙汰です! -

1週間分の記事を読ませていただきましたが
相変わらず物知りさんですね~!!!

ほんとにもう、素晴らしいです(^-^)

桔梗、もう咲き始めたんですね~。
1週間いない間に、季節は夏。

浦島太郎のような気分です。
2008/07/05 23:55  | URL | Bloom #-[ 編集] |  ▲ top

- Bloomさんへ -

おかえり~!
故郷でしっかり鋭気を養ってきたかな?

あちらは涼しいだろうね~?
花の咲き方なんかも1ヶ月くらい違うのかな?

桔梗・・・いろんなところで、ポンッ!ポンッ!って勢いで咲き出してるよ!(⌒_⌒)
2008/07/06 00:44  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/138-428e6859
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。