2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
友人に借りた本で(2)・・・自らの見識を考える
- 2008/06/28(Sat) -

                     107-1.jpg

                    『大人の見識 』
                     阿川弘之 著

この本と『スローセックス』の抱き合わせで2冊一緒に貸してもらった。
“面白いよ”ということだったが・・・もちろんこの2冊の面白さはそれぞれ違った面白さ。
だいたい、この2冊を一緒に貸してくれること自体がそもそも面白い。

阿川さんは海軍経験者だ。
同じ海軍経験者の城山三郎さんほと徹底的に海軍に失望を感じたわけではないが、善し悪しそれぞれを踏まえての海軍に関する著作が多い。
この本を貸してくれた友人も自衛隊関係ではないが、船関係の大学を出、一時は海の男。
だから、阿川さんの著作もかなり読んでいる。

阿川さんといえば・・・親交のあった遠藤周作さんが、やはり親交のあった吉行淳之介さん、三浦朱門さんと共に、阿川さんが、もし女性だったら・・・という面白いエッセイを書いている。
そもそもは・・・吉行淳之介さんが酒場で女性にモテるというこんな記述から・・・

“先日、阿川弘之とある酒場に寄ったら、そこのホステスがうっとりした口調でいった。
「飲んだ吉行さんって、すごく色気があるわ。こわいくらい。眼のふちなんかポーッと赤く
なっちゃて,あの眼でじいっと見られると、引きこまれそうになるの」
 阿川も私も男だから吉行に色気があるのか、どうかわからぬ。しかし私は時々、考える
のだが、もし我々の友人が女性だったら吉行は普通の嫁さんなどにならず、柳橋の芸者か
銀座のバーのマダムかナンバー・ワンなどになっていたかも知れん。”


転じて・・・先に挙げたお三方がもし女性だったら・・・と、狐狸庵先生は発想を遊ばせる。
それよると・・・。

吉行淳之介・・・銀座バー「蘭」のマダム
三浦朱門・・・建築技師の妻、傍ら家庭裁判所などにも勤務する


そして・・・阿川氏・・・

阿川弘之・・・防衛大学食堂のおばさん

と、あくまで軍関係のイメージだ (笑)

そんなだから、本書も戦時中の話し、海軍関係の話しを題材に様々な “見識” を語る。
だからと言って、決して固いばかりではなく、とても読みやすく、思わず “う~ん。。。なるほど~” と唸ってしまう部分多々!

海軍時代にラッパが乗船を告げる鳴り終わるまでに乗船しないと処罰を受けるというのに、とても無理な距離を走ってこちらに向かっている水兵を助けるために上官が取った奇策とか・・・。

杓子定規ではなく・・・人間関係を円滑にし、人を育てるための “遊び的余裕” とも言える “大人の見識” がとても素敵に感じられた。

“・・・日露戦争満州総司令官大山巌元帥は、凱旋後、
「何に一番苦労されましたか」
と聞かれて、
「知ってても知らん顔するのに苦労した」
と答えたそうです・・・・”


これなど、その最たるような逸話だ。

阿川さんは、日本の武士道とイギリスのジェントルマンシップと、どこかで一脈通じるものがあると語る。
日本の軍隊にしても・・・第一次大戦時までは世界で賞賛されるほどの高い紀律を持っていたのに・・・その後の軍は? そして日本人は?
と、現代の日本人、日本人社会への阿川さんの杞憂の深さが強く感じられた。

私など、阿川さんが語る歴史上の人物や英国紳士の嗜み、見識にとても迫れるものではない。
が・・・心に留め置きたいことは・・・多々、ご教示いただけたような気持ちになれた1冊だ。
出来得れば、『スローセックス』同様、実際に自分の出来ることから実践してみなければ・・・と、自戒を込めて強く思う次第で・・・(汗)

しかし、本書を読んであらためて感じた事は・・・
私を含めて、“今の日本人”、そして、“これからの日本人”は、もっともっと自国の歴史を学ぶ必要があるし、“日本人の過去の偉人”には学ぶところがたくさんある・・・ということだ。
もちろん、功罪の功の部分に光をあてるだけではなく、罪は罪として、ちゃんと暗部にも、もっと勇気を持って光をあてていくべきこともあるだろう・・・と。

そんな日本人全体の “見識” について・・・翻って、私自身の “見識” について考える機会を与えてくれた本であることは間違いない。

異色の抱き合わせ・・・ではあるが、自分では、きっと買わなかったであろう本を読むきっかけをくれた、我が友人に感謝・・・である。。。

                     107-2.jpg





**この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

               ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<女性をダンスに誘う花? | メイン | 友人に借りた本で(1)・・・自らのSEXを考える>>
コメント
- -

Seionさんって、忙しそうなのに

写真を撮る時間もあって、本も読む時間もあって

Blogをする時間もあって、すごいな~と

感心しちゃいます。

人生を楽しんでる感じがして、かっこいいですね(^-^)
2008/06/28 23:34  | URL | Bloom #-[ 編集] |  ▲ top

- それと・・・ -

Lei LeiさんのBlogへ行けなくなって
しまいました。

お元気ならいいのですが・・・

2008/06/28 23:44  | URL | Bloom #-[ 編集] |  ▲ top

- Bloomさんへ -

かっこいいだなんて・・・とんでもない。。。(〃∇〃) てれっ☆
ただ、できるだけ楽しくありたいとは思ってます(⌒_⌒)

写真は、仕事で移動中とか、行った先で、ちょっと歩いたりして撮ったりしてますね。
あちら方面に行くなら、あそこに寄って撮ってみようとか・・・自分なりに時間を組み立ててね。
ただ仕事だけで移動するのも面白味が無くて・・・(●^o^●)

本に関しては・・・常時、2~3冊、同時読みすることが多いです。
その時の気分で、読みかけの本の中から気ままに手にとって読むって感じで・・・。
かなり雑食的に読んでます。
それに、ちょっとでも本を読まないと眠れない感じがあって・・・活字中毒気味かも。。。(⌒▽⌒;


Lei Leiさん・・・モカさんとも心配しているんですよ。。。
でも・・・必ず元気にまた現れてくれると信じて待ってます!( ̄ー ̄)b
2008/06/29 00:36  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/130-185a5c84
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。