2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
最近もっとも うっとり♪ した本
- 2008/06/24(Tue) -

                   109-1.jpg

                吉村和敏 PHOTO BOX
            『 プリンス・エドワード島 七つの物語』

ある方とのブログでのコメントでのやりとりで、“優しい本”とか“うっとりする本”とかって話題になったので・・・
最近、私が最も うっとり とした本のご紹介を・・・。

本といっても写真集って感じの本。
残念ながらジャニーズ系の写真集ではありませんが・・・(笑)

それは・・・写真家の吉村敏和氏の『プリンス・エドワード島 七つの物語』

プリンス・エドワード島は、言わずと知れた 『赤毛のアン』 の舞台として有名なカナダにある島。

とにかく全篇写真が美しい。。。
どのページをめくっても思わず写真に魅入られてしまい、ページを繰る手が止まる。

                  109-4.jpg

若き日の吉村氏・・・カナダ放浪中にこの島の風景に魅せられ、長期滞在して以来、20年間もこの島の風景を撮ってきたそうだ。
どんなに高名なカメラマンでも、どんな撮影技術をもってしても・・・その地のことを知り尽くし、どんな撮影スポットがあるか? どんな季節が美しいのか?など地元のことを知り抜いていなければ、本当に素敵な写真を撮れはしないだろう。
そんな意味では、この島のことを知りぬいた吉村氏ならではの写真が満載のこの本・・・どのページを開いても うっとり と見入ってしまうわけだ。

                  109-5.jpg

写真が好きな人。。。 自然の織り成す光景が好きな人。。。 赤毛のアンの好きな人。。。
いろんな人を うっとり させるに違いない写真の数々。。。
特に、この島の美しき自然、そして、その自然に溶け込むかのような人々の住む家や教会などの調和が・・・“自然と人の営みの共生”を感じさせるかのように素敵に感じられた。
例えば・・・日本の山間部の合掌造りの家々の佇まいが、自然と寄り添うかのような一体感を感じさせてくれるように、決して自然と対峙するような雰囲気がないこと。
それがこの本の中の写真にも写し込まれた“人の営み”の風景の素敵さではないかと感じた。。。

                  109-3.jpg

しばし、自分の心を日常からリリースさせてやるにはもってこいの本だと思う。

              こんな風景の中に立ってみたいし・・・。
                こんな写真も撮ってみたいし・・・。
                そう思わずにはいられない・・・。

                    109-2.jpg





**この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

               ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<新品種続々!紫陽花の花々 | メイン | 小さな温室にて>>
コメント
- 楽園 -

ここも楽園だけれどそこも楽園。。。
赤毛のアン好きにはたまりません…

その写真のような青空を見られる日が少なくなってきている気がしませんか?
黄砂なのか花粉なのか空にうっすら靄がかかっているような…
今年の春はそんな空ばかりでした。
ただでさえ曇り空の多いこちらでは、写真のような澄み渡る青い空がとても恋しく感じられるのです。

梅雨空に心が晴れ渡る写真集をありがとうございました。
きっとイケメン好きの彼女もうっとりするはず(*^m^*)

2008/06/24 00:54  | URL | モカ #-[ 編集] |  ▲ top

- それぞれの・・・ -

Seionさんのお知り合いにもジャニーズ系がお好きな方がおられるのですね。i-278
なんと・・・お若い(爆)
今流行のママたちは、子どもと一緒にジャニーズのコンサートに行くらしいですよi-233

この世にこんなに美しいところがあるのに・・・
それを知らずにいるなんて、もったいない。

それぞれの家々では・・・しあわせなテーブルのような心温まるごちそうが並ぶのでしょうね。
どんな人が住んでいて、どんな物語があるのかなって想像しながら・・・i-228

道を見れば・・・歩きたくなる。
この先に何があるのかな・・・。

川は、そこに住む人たちの生きる源を感じます。

日本だったら「長屋」も好きです。小さな路地も・・・。

「赤毛のアン」の映画を友達と観に行った時に(職場の独身女性と・・・)
泣きすぎて・・・迷惑を掛けたことがあります。
あれだけ泣いたのは初めて。
帰りに小さな娘が読めそうな「赤毛のアン」の本を探して、お土産にしました。
感動を娘に分けてあげたかったのです。

本でうっとりするSeionさん・・・
イケメンにうっとりするその女性。
よく似た表情だったりして(爆)  
   
  
赤毛のアンをもう一度読み返してみたくなりました。
本では大地の子で一晩泣きましたが・・・(汗)
  
この次は・・・一晩泣ける(笑える)本を探してくださ~い(笑)
  

2008/06/24 08:03  | URL | Lei Lei #-[ 編集] |  ▲ top

- モカさん -

確かに・・・
絵に描いたような“青空”が見られるようになってきたのは少なくなってきたような・・・。
大陸のかの国からの飛来物(黄砂にも)有害物質が含まれているから・・・困ったもんです。。。(゜▽゜;)

やっぱり女性は “赤毛のアン” が好きな人・・・多いよね(⌒_⌒)
2008/06/24 10:39  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- Lei Leiさんへ -

はい。はい!
ジャニーズ系イケメンがお好きな女性がおられまして~(爆)

そうそう!
このい写真集を観て感じたことは、写真集を観て うっとり しても、実際に旅人としてこの島を訪れて美しい光景を観て うっとり しても・・・島に暮らす人達と圧倒的に違うのは、島の人達には 生活 があるってことなんだよね。
私も、この島の人達の暮らしぶりやどんな食事をテーブルで囲むのかとか、様々な 島の物語 があるんだろうな~と思ったりしました(⌒_⌒)

んッ?
同じような表情???
似て非なるもんだと思いますがね~~~ (*^m^*)
2008/06/24 10:47  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/125-e6f39ec5
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。