2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
古い町並みを散歩する
- 2010/10/04(Mon) -
                          (Please click this photograph)
                 930-1.jpg
                      
                     千本格子越しに外の光景を眺めながら憩う
     930-2.jpg


 時折小雨降る日曜の午後・・・知多市の岡田地区という古い町並みが残る地区を散歩気分で歩いてみた。

 まずは、知多四国八十八ヵ所めぐりの七十二番札所である白樺山慈雲寺を参拝。 山門とその山門の中から見える観音堂の屋根・・・古刹の雰囲気がある。 山門の中に見えるこの観音堂は室町時代の建造だそうだ。


             930-3.jpg


 本堂の濡れ縁に 蓮台+座布団 を敷くというように大切にされているお地蔵様? いや、なんとなくお地蔵様というより弘法大師坐像ではなかろうかと思われる石像が。。。 像の左右に多くの人が触れたような痕跡があるので抱き地蔵のような像かと思われたが・・・説明書きなどがなかったので “うぅ~ん。。。抱き上げてみたぁ~い” という欲求を押さえて拝観するにとどめおいた。。。(笑)


             930-4.jpg


 山門前を流れる川の傍の木に・・・濃いピンク色の小さな花を見つけた。。。 “梅?” と一瞬思ってしまったほどの花の色だったが・・・木の幹を見れば桜と判明。。。 しかし、秋咲く桜でこのように濃いピンクの花を咲かせる桜は初めて見るかもしれない。 川と柵に阻まれて木に近づくことが出来ず・・・花を近くで見たいのに近寄れなくて・・・ジタバタ気分なSeionだったよ。。。(汗)

 お寺の境内をそぞろ歩いた後は・・・古い町並みの残る街の中をゆるりと歩いてみた。


     930-5.jpg


 板塀や黒い囲い板の家並みの続くどこか懐かしい雰囲気を感じられる道を歩く。。。 時に小雨が落ちてくれば傘を差して歩く。。。 小雨程度の雨なら、こういう街並みの中を歩くにも・・・むしろ雰囲気があっていいってもんだ。
 日曜日というのに学校指定の体操着を着た子供たちの姿が見られた。 運動会だったのかな? 何人かの男の子や女の子が “こんにちわ!” と元気に挨拶してくれる。 とても気持ちの良い思いで歩けた。


     930-6.jpg


 この地域は、江戸・明治から昭和にかけて知多木綿として全国的にも知られた木綿の産地だった。 さすがに現在は木綿産業も衰退してしまったよう。。。 この上の写真は、木綿蔵を改装して木綿の手織り体験ができる施設として・・・この地域の木綿を後世に伝えていくための活動の場として活用されている。

 そのかつての木綿蔵の入り口脇に・・・手桶に挿された綿花が。。。


             930-7.jpg


             930-8.jpg


 白い綿花・・・手で触ってみた。 フワフワの感触がとても心地良かった。。。


     930-9.jpg


 こちらの建物はなんとも懐かしい雰囲気漂う。。。 現在も簡易郵便局として使われている現役の建物だ。


             930-91.jpg


 古い町並みをゆるりと散歩しながら・・・ここに来大きな目的である古民家を使ったカフェへと蛇行した坂道を登っていく。。。


     930-92.jpg


 築100年近いもともとは宿屋だった建物を使ってカフェとして営業しているお店だ。


             930-93.jpg


 まだ子供さん二人が小学生と思われる穏やかで優しげなご主人とクリッとした大きな瞳とても印象的な奥様が営んでいらっしゃるお店だ。 なんでも・・・娘さんのアトピーがきっかけとなって 「食」 を見直し、無農薬の米づくり、無農薬野菜、無添加の食材や調味料との出会いからこのお店をはじめることになったという。 今年の11月で開店1周年という・・・お店の雰囲気は古民家であっても新しい店だ。

 私たちがお店を訪れた時には他のお客さんはおらず・・・二人の子供(お姉ちゃんと弟くん)はしばらく2階へ行っているようにお父さんかお母さんに言われたらしく・・・しばらくすると二階を走り回るふたつの子供の足音が スタタタタ と階下に響いてきた。 “おっ、この家の座敷わらしが元気がいいぞ” と、言って同行者と天井を見上げながら思わず笑った。


     930-94.jpg


 白壁を使ったギャラリースペースでは・・・知多四国八十八ヵ所めぐりの各札所であるお寺を描いた作家さんのい絵が展示してあり・・・定期的に絵を差し替えて展示しているとのことだった。


             930-95.jpg


 私はコーヒーと海の塩バニラ最中を。。。 同行者はカフェオレとケーキ+アイスクリームをお願いした。 この最中もなかなかのこだわり最中で・・・「深層水で塩味をつけた無添加アイスクリーム。脱脂粉乳や増粘剤などの添加物は一切使用していないこだわりアイス。最中の皮は、和菓子店が使うものをアイス用に特注。(金沢から取り寄せ)」・・・というものだ。 さっぱりとした甘味が美味しいアイスクリームの最中だった。 しかし、この最中、具たくさんだから鯛の上下が閉まらない(笑) 

 古い家屋の落ち着いた雰囲気の中で、この地域のことなど奥様と言葉を交わしながら・・・美味しいコーヒータイムを過ごさせてもらった。

 岡田地区の隅々まで歩いたわけではないが・・・ゆっくり歩いて、落ち着いたコーヒータイムを過ごし・・・心穏やかになるような日曜の午後を過ごすことが出来た。。。


             930-96.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 小さな旅 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<地に銀葦・・・空に彩雲 | メイン | 夕刻の秋桜>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/1076-663cc954
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。