2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
花弁の赤は仏陀の血か・・・?
- 2010/09/11(Sat) -
                          (Please click this photograph)
                 909-1.jpg

                          燃え上がる赤い炎のような花
             909-2.jpg


 散歩中にミソハギの背後に咲いている赤い花弁に目をひきつけられた。 真っ赤な赤い炎のような花・・・カンナの花だ。 この花弁の赤・・・まさに真紅と呼ぶに相応しい強い印象で・・・生命力の強さが感じられるようだ。

 この花の赤い色には・・・仏陀に関わる伝説がある。


             909-3.jpg


 仏陀の持つ力と人々を惹きつける名声を疎み、妬みに思う悪魔(仏陀の弟子である阿難の兄堤婆達多ともいわれる)が、旅の途上の仏陀が崖の下を通り過ぎようとした時に大きな岩を仏陀めがけて落とした。 岩は仏陀の足もとに落ち、砕けた岩の破片のひとつが仏陀の足の指にあたり血が流れだした。 その血は大地に染み込み・・・やがて大地の神はその染み込んだ仏陀の血からカンナの花を生だした・・・。


             909-4.jpg


 そんな仏陀に関わる伝説を持つ紅い花・・・カンナ。 いかにも強そうな生命力を感じさせるその真っ赤な花弁を見ていると・・・その伝説がにわかに真に迫ってくるような心持ちにもなる。

 カンナ科の花には黄やオレンジ色の花もあるが、燃える炎のような真っ赤な花弁のカンナが・・・私にとってはとても印象深い花だと感じられる。。。


             909-5.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<残暑に咲く薔薇たち | メイン | 秋の夜は・・・ハートフルなソウルでもいかが?>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/1055-227e14d7
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。