2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Seion、稲刈りに奮闘す!
- 2010/09/06(Mon) -
                          (Please click this photograph)
                 905-1.jpg

                      稲刈り後の田んぼと稲架掛けされた稲

               905-2.jpg


 朝からぐんぐんと気温は上がっていった。 駐車場から頭を垂れた稲穂が黄金色に輝く田んぼに歩いて着いた時にはすでに汗をかいていた。。。

 日曜日・・・5月に田植えに参加した水田の稲刈りに参加した。 この米作り・・・来月から名古屋市を中心に開催されるCOP10の関連事業ともなっていることから、早稲の米を使っての稲作体験事業となっており・・・そのために残暑厳しいこの時期の稲刈りとなったのだ。


     905-3.jpg


     905-5.jpg


 稲刈り開始時間より若干早目に現地入りしたこともあって・・・これから自分たちが稲刈りをする田んぼの周辺をしょっと散策・・・小さな花の姿を愛で撮ることもできた。


               905-6.jpg


 田植えの時から稲の生育期を通じて・・・私たちが田植えした田んぼに水を供給し続けてくれた川の流れ。。。 朝方の陽光を水面にキラキラと躍らせていた。 この川は、この里山の奥の山の純粋湧き水に夜流れで・・・この田んぼの稲はその山の湧き水を使って育てられた。


     905-7.jpg


 さて・・・稲刈りだ。 見事に実った稲を眺め・・・そうか、そうか、俺に刈られるのを待っておるのか・・・と、勇む心をひとまず抑えつつ、稲刈り初体験の私はきわめて真面目な心持ちで稲の刈り方、刈った稲の縛り方などの説明に聞き入った。


               905-9.jpg


 ボランティアとして参加している経験豊富な農家のおばあちゃんが懇切丁寧に実演して見せてくれる。 説明を聞き入る人の輪の最前列でジィーっとその説明に聞き入る優良生徒な私。。。(笑)

 このおばあちゃん・・・とても優しい人で、稲刈りの最中 “水分をとりながらやらんといかんでね” と、自ら持参した冷やした麦茶を皆に振舞ったりしていた。 まだ保育園くらいの子供たちに “おばあちゃんの麦茶、冷たくて美味しいよ!” と、麦茶をすすめた。 数人の子供がおばあちゃんの方に歩み寄る。 そこで、おばあちゃん、言ってしまった。。。 “おばあちゃんのお茶には蛇やマムシの液やなんでも入っているから飲んだら元気ハツラツだよ~” と。。。 蛇、マムシ・・・と聞いて、おばあちゃんに歩み寄っていた子供たちの脚が ピタッ と止った。(笑) おばあちゃ~ん、そのジョークは大人向きですって!(笑)


             905-8.jpg


 ひととおり説明を聞いてから・・・いよいよ鎌を持って田んぼに入った。。。

 そこからだ・・・。 灼熱の稲刈り大奮闘が始まったのは・・・。 それはもう暑くて・・・暑くて・・・。 中には気分が悪くなって、まだ遊び足りない二人の子供は振り返りつつも・・・家族で帰って行った若いパパも出てくるほどで・・・。
 頻繁にお茶など飲みながら・・・汗だくで奮闘した。。。 もう写真を撮ることなど忘れ・・・結局稲刈り中は私は1枚の写真を撮ることすら忘れていち農夫と化した。 ボランティアで手伝ってくれている農家のおじいさんさんに “おっ、鎌の使い方が上手いね~” などと褒められれば・・・ますます張り切ってしまう単純さ発揮!(笑)


     905-91.jpg


 この写真(↑)は、刈った稲を稲架(けさ)掛けできるように縛っている私を同行者が撮ったもの。 ねっ。。。一生懸命に労働してるでしょ?


               905-92.jpg


 やがて・・・果たして終わるのであろうかとも思われた 灼熱の稲刈り も無事時終了。。。 みんなで縛った稲を次々に稲架掛けしていく。


     905-93.jpg


 朝来たときには一面稲穂の海だった田んぼが・・・これこの通り、すっきりと刈り取られ。。。 こうして稲架掛けされたお米・・・二週間後にはこれまた旧式の人力の脱穀機などを使ってお米として収穫する。

 作業を終えて・・・日陰に敷かれたブルーシートに寝転がって上空の青い空を眺めながら・・・冷たいお茶を ゴクゴク と飲んだ。 いや~美味しかったね。 そのお茶。。。
 そして、暑さにクラクラしながらも一仕事終えた充足感がジンワリと心に広がる。。。 若干の腰と太股裏の筋肉の張りを伴いながら・・・。 案の定、今日になって腰と太股の裏の筋肉が痛くて・・・。(汗)


             905-94.jpg


 稲刈りを終えて帰路についたパパと二人の小さな子供の後姿だ・・・。 なんとなくのほほんとしたいい感じだったので撮らせてもらった。
 しかし・・・どう見ても秋ではなく、真夏の光景だよね。。。(笑)



 そのひの夕刻・・・海辺方面を走っていた。 まもなく海という河口付近の夕景を撮った。。。 この時刻になると・・・海からの風になんとなく秋が混じり出したのをほのかに感じられるような・・・そんな風が吹いていた。


     905-95.jpg


 どんなに気温が高く厳しい残暑ではあっても・・・とにかく稲刈り出来る稲も確実に存在しているわけで・・・間もなく秋はやってくる。。。 そう思えるような海風だった。


               905-96.jpg

 

            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<読む者のSEX観を試される(?)一冊 | メイン | 日没間際の輝き・・・花、それぞれに。。。>>
コメント
- お久しぶりです☆ -

Seionさん、ご無沙汰してます。
相変わらず、素敵なお写真ですね♪

外はまだまだ暑いのに、稲刈りの季節なんですね。
静かに時が流れるのを感じます。

私の方は他Blogにちょっと浮気をしていましたが、
また古巣に帰って参りました。

また、ぼちぼちアップして行こうと思います。
これからも、よろしくお願いします。

ぽち。
2010/09/07 12:16  | URL | マンマ♪ #XJHSstkg[ 編集] |  ▲ top

- -

炎天下での稲刈り ご苦労様でした^^
稲架掛けされた写真・・・
今はもう見られなくなった風景・・
懐かしく拝見させていただきました。
小さい頃 あの干した稲の間から顔を出したり 鬼ごっこしたり
遊んでばかりいんで 弟の面倒みんなぁ~
って よく怒られてたのを思い出します(笑
2010/09/08 22:40  | URL | なっち♪ #-[ 編集] |  ▲ top

- マンマ♪さんへ -

ちょっとお久しぶりですね~♪
お元気そうでなによりです!(⌒_⌒)

参加した稲刈り・・・とにかく暑すぎて・・・さすがにバテてしまいました。。。(^_^;)

そうですか。
他のブログをなさっていたのですね~ 
また遊びに行かせていただきますね!(V^-°)
2010/09/08 23:39  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- なっち♪さんへ -

いやいや・・・
半端じゃなくてホントの暑くて。。。
酷暑の中の労働となってしまいましたよ~(⌒▽⌒;

稲を乾した光景って、懐かしいですよね。
思えば・・・稲刈りが終わった田んぼって、絶好の子供の遊び場と化してましたもんね!
2010/09/08 23:43  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/1048-f18abdef
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。