2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
真昼の星空?
- 2010/08/13(Fri) -
                          (Please click this photograph)
                 884-1.jpg

                                小さく白き花
     884-2.jpg


 なんだかおかしな台風だった。。。 通り過ぎても台風一過の青空となることなくどんよりとした曇天が続き・・・その台風から遠く離れた地域に思わぬ災害をもたらしたり・・・ちょっととらえどころのない台風だったね。。。
 台風がその年、最初に上陸した地が秋田県というのも観測史上今年が初めてのことらしい。。。 そうもこれから過去の気象事例が参考にならないようなことが次々に起こってくるのではないかという気がしてならない。。。

 そんな台風通過後の曇天の午後、群れ咲く白い花に出会った。 その花は・・・とても小さく、よーく近づいてみないとその花弁の形状すらわからないような小さな花だ。。。


     884-3.jpg


 白い花だと思っていたその小さな花・・・よく見てみれば紫色の斑紋がある花だった。。。 小さな花なればこそ・・・顔を近づけて見てみないとその花の形がわからないということもあるものだ。。。

 
     884-4.jpg


 今晩、NHKスペシャル「玉砕 -隠された真実- 」を観た。。。

 太平洋戦争で舞台の全滅を大本営がはじめて 「玉砕」 という表現で発表したアッツ島守備隊2638名の部隊過酷な運命を追った番組だ。。。
 番組では全員玉砕として軍神として祀り上げられた兵士達の中に・・・実際には負傷してアメリカ軍の捕虜となり、その後帰国した人達もおり、その人たちの証言も得て・・・その悲惨な戦いを明らかにしていった。。。

 当時大本営は、アッツ島守備隊の玉砕を “・・・ 心残りなく笑って悠久の大義についたのであります・・・” との大本営発表放送をした。
 とんでもないことだ。。。 食料も弾薬も無く、自決用の手榴弾か銃剣のみで雨のように降り注ぐアメリカ軍の砲弾の中に突撃していった兵士達。。。 負傷して自決すら出来ない兵士は銃殺され・・・。 そのような救いようも無い死を正当化できる大義などあろうか? そして・・・心残り無く死んでいった者など、おそらくただの一人もいようはずもなく・・・。
 敗色濃厚となった地域の兵を敗残兵としてその命を切り捨て、それだけにとどまらず・・・軍神として利用までしようとしたそのやり口に・・・観ていて気分が悪くなるような思いすらした。。。
 大本営の参謀達は・・・戦況が不利になっていくに従って・・・いつの間にか 勝利 が戦争の目的ではなくなり 戦争の継続 自体が戦争の目的化していたことに気付いていたのだろうか・・・。
 大本営の人々・・・自分たちが敗残兵として切捨て、過酷な戦いの後に玉砕の名の下に命を奪うことになった何万もの命の一つひとつが自分の命と同じ 「一個の命」 であることに思いを馳せたことがあるのだろうか・・・。 

 この時期には戦争に関連した番組やドラマが多く放送されるが・・・間違っても “またこういうのやってるなぁ。。。” などとは思うことなく、しっかりと受け取るべきメッセージは受け取らないといけないと思う。。。 


 私の亡くなった父は、あと1年か2年戦争が継続していたら出撃していたと生前に語ってくれたことがある。。。 もしそうなっていたら・・・まず間違いなく私はこの世に存在していない。
 父のお兄さん(つまり私の叔父さん)は・・・南方洋上で乗っていた船が撃沈され・・・一昼夜海を漂っていて九死に一生を得て帰国したという人だ。。。 かつて・・・その時の話しを聞こうとしたことがあったが・・・“うぅーーーん。。。”と、小さく唸っただけで黙り込んだ。。。 その目は何処かを見ているのでもなく・・・まるで遥か彼方を見ているかのような遠い目だったのがやけに印象的だった。。。 きっと家族にも語れないような戦争の記憶を心の奥に沈めているんだと・・・そう思えてならない。。。


     884-5.jpg


 歩いている最中に出会った紫の斑紋のある小さな白い花。。。 私はこの花の名を知らない・・・。 群れ咲く姿を眺めていたら・・・まるで真昼に満天の星空でも眺めているような・・・そんな気持になった。。。


     884-6.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<初雪草 | メイン | 藪の中・・・唯一輪>>
コメント
- 朝の連ドラでも。。。 -

今、人気の 「ゲゲゲの女房」 でも15日過ぎの先週は、戦争の話しでした・・・水木センセイは戦争で左腕を失っているのですから、そういう話しも出てくるだとろうとは思ったのですが。
前線から死ぬ思いで生きて戻ってきたら 「貴様は何で生きて戻ってきたんだ?」 など・・・そういうことがまかり通る理不尽な世界は、子供の頃から見ていられなくて・・・大人になった今でも、避けてしまいます。。。

「死んだら星になるんだよ」 という昔から言われていることを思い起こされた記事と最後の写真でした。
2010/08/27 07:40  | URL | 待雪 #ARV1kx8o[ 編集] |  ▲ top

- 待雪さんへ -

水木さんの戦争体験はドラマにもなりましたが・・・強烈なものがありますね。。。
が、水木さんは生還できただけ、まだ良かったとも言えるわけで・・・。


古来、逝った人と星はよくつなげられて考えられてきましたよね。
2010/08/31 00:20  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/1027-b7373411
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。