2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
我が県の最高地へ・・・
- 2010/08/10(Tue) -
                          (Please click this photograph)
                 880-1.jpg

                     山頂から見る山並み・・・雲間の南アルプス
     880-2.jpg


 日曜日・・・とにかく涼しい所に行きたいと思った。 エアコンの人工的な涼しさではなく・・・自然の涼しいところに身を置き・・・体の芯から、そして、心をも涼しく冷やしたいと思った。。。
 
 そこで・・・長野県との県境に位置する我が愛知県の最高峰の茶臼山に登ろうと・・・茶臼山高原に向った。


               880-3.jpg


 この茶臼山は幾つもの登山ルートが整備されていて・・・私たちが車を停めた所からは西側の登山ルートで頂上を目指すことになる。 車を停めた所からは300mくらい登れば頂上に行け・・・そうキツイ数字ではないように思えるのだが・・・それがなかなかそうではなく、短いとはいえ頂上直下は文字通りの胸突八丁なキツさで・・・もうかなり前だが、完全に舐めきって登っていった私は、頂上直前で ゼイゼイハァハァ・・・ な恥ずかしいくらいのヘロヘロ状態になったことがあり、結構苦い記憶として残っている山だ。。。

 1,000mを越える高地にもネジ花って花を咲かせるんだね。。。 平地でもお馴染みのピンクのネジネジを見つけて・・・このか弱そうな花の思わぬ強さに少なからず驚いた。。。


               880-4.jpg


 西側登山ルートから 「ささやきの小路」 と名付けられたルートを通って頂上下へ向う。 何が ささやき なのかわかんないけど・・・と思って歩いていたのだが。。。 それってきっと 小鳥のささやき だと思った。 とにかく様々な小鳥の囀りが聞える気持ちのいい道だった。 ブナなどの落葉樹の多い森を通るこのルート・・・とても気持ちよかった。。。 落葉樹の多い森は・・・葉がよく陽光を透過するから明るく気持ちの良い森だ。 森の木々の根元で生きる背丈の低い植物にも、そこを通る人の心にも・・・優しい森だ。

 この気持ちの良い道が中央の国民休暇村からの直登ルートが交わると・・・いよいよ頂上直下の胸突き八丁だ。


     880-5.jpg


 冗談なしに “よいしょッ” とか “どっこいしょッ” と声を出しながら、時には脚だけではなく手も使ってよじ登っていくような段々を登りきり・・・尾根道に出れば やれやれ だ。。。 頂上はもうすぐそこ。

 愛知県の最高峰・・・標高1415.2mの茶臼山山頂の展望台からの眺めだ。。。 天気予報は・・・お昼時くらいまでは天候はまずまずだが・・・午後からは次第に不安定になってくると告げていた。 だから、お昼前に頂上に着き、それからやや下って車や建物に近い所でのんびりランチをすればいい・・・そんな予定を立てていた。 太平洋上の高気圧の勢力が衰えたせいで・・・高気圧の南のへちを回り込む形で本州に湿った空気が流れ込んでいるという情況で、そもそもピーカンは望めない。 やや雲が多いながらある程度の眺望が得られたことはむしろ幸いだ。

 扉の写真をもう一度見ていただきたい。 一番近くの濃い山並みは1,000m以下の山々、それから奥は1,000m以上の山々・・・そして、その奥には1,500mクラスの山々が。。。 幸運にも時折雲間から南アルプスの3,000mクラスの山並みが顔を出してくれた。 雲間から見える高山の姿・・・神々しささえ感じられた。


               880-6.jpg


 頂上展望台でのSeionさんだ。(笑) 今回は、胸突八丁のキツサを十分に心して登ってきたので・・・すこぶる元気に頂上到達。。。 
 頂上の気温は20℃前後、風が吹けば体感温度はさらに下がる。。。 とても心地いい。。。  さすがに標高1,000mを越える場所に身を置けば・・・自然が体の芯まで冷やしてくれる。


               880-7.jpg


 下山ルートは一旦東側の登山ルートを降り、途中で山の斜面を東から西へと横断するように森の中をのんびり歩きながら下っていった。 ここのように登山ルートが整備された山は、何度来ても自分なりに歩く道をアレンジして歩くという楽しみもあったりする。
 時にはこの写真(↑)のような切り立った岩の間を足元に注意しながら歩くような場所もあったりはするが・・・まぁ。概ねハイキング気分で歩けてしまう道だ。


     880-8.jpg


 森の中でヤマジノホトトギスの花に会った。。。 ちょっと高い山で咲くから・・・文字通り 山路杜鵑草 と呼ばれるこの花・・・平地のホトトギスよりやや小さめの花が愛らしい。。。 しかし、このユリ科ホトトギス族の花は、見れば見るほどに不思議な花の形をしている。。。


               880-9.jpg


 ヤマジノホトトギスの花の命は・・・たった二日間だと言われている。 この日、何輪かのこの花の咲く姿に出会ったが・・・私がこの山に来るのが一日早かったり、一日遅かったりすれば・・・この日出会うことの出来た花とは会えなかったかもしれない。。。 一期一会・・・だよね。。。


               880-91.jpg


 朝登っていった西側登山ルートに戻り・・・ここまで降りてきていれば雨が降ってきても、雷の危険が感じられても、急げば車までそうはかからないという場所まで降り、眺めの良い木陰にてランチ場所設営。。。
 メニューはお馴染み・・・おにぎりとスープ系のモノを。。。 次第に雲が重くなり、吹く風に雨臭さも感じられるようになってきており、少し肌寒いくらいになってきている状態での温かいスープはとても美味しく感じられた。


               880-92.jpg


 昼食後・・・少しお昼寝気分でゴロゴロと・・・。 が、あまり真剣にお昼寝してしまうと冗談なしに風邪をひいてしまいそうなので・・・ゴロゴロを適当に切り上げて一旦車に戻った。


     880-93.jpg


 冬はゲレンデとなる場所で行われていた手作りのモノのフリーマーケットのお店などを出展している人と話しながらユルユル眺め歩きしながら・・・ブルーベリーのソフトクリームなんぞを。。。 甘酸っぱいソフトクリームだったなぁ。。。


     880-94.jpg


 いよいよ雲が重く空を覆い始め・・・少し雨が落ち始めた頃、下山すべく車で走り出した。 下山途中・・・こんな黄色と緑一杯の綺麗な光景にも出会った。。。

 だいたい天気予報どおりの天気傾向で、大きなイレギュラーとなるような天候変化は無く、天気予報に併せて行動計画を立てた通りの山遊びで・・・山のひんやりした空気に身も心も冷やすことが出来た涼しい日曜を過ごすことが出来た。。。 

 ふと気付けば・・・山のかなり低いところまで重たい雲が覆い始めていた・・・。


     880-95.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<百日紅・・・色とりどり | メイン | お寺の蓮の花>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/1024-a8e92884
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。