2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
海辺の町へ
- 2010/07/26(Mon) -
                          (Please click this photograph)
                 870-1.jpg

                            竹島から眺める三河湾

 日曜日、午後から蒲郡市に向った。 お目当ては かき氷 だ。 
 実は、先日友人との茶飲み話しの中でかき氷の話しが出て・・・私が好きな美味しいかき氷を出す店を2店ほど彼に教えたところ・・・蒲郡にあるその店を教えてもらっていたのだ。 とにかく小さな店なので、日曜などに行くのは間違いなく行列覚悟で行かないといけない・・・そう言われていた。 しかし、そんなに美味しいかき氷なら・・・食して食さねばならぬと・・・持ち前の好奇心に従って出かけたってわけだ。


     870-2.jpg


 うむ。。。 かき氷の真っ青な旗が涼しげだ。 その店に着いたのは・・・午後3時少し過ぎていた。 その時点で待ちのお客が私たちの前に6組もある。。。 教えてもらった通り決して大きな店ではなく、テーブル席はたった4席だ。。。 私たちの後にもひっきり無しにお客さんが店に来ていて・・・待つのを覚悟で予約の紙に名を記す人、諦めて帰る人など様々だ。。。 そして・・・まだ4時にもなっていないというのに・・・店の入り口の引き戸に 「かき氷売り切れ」 の張り紙がされた。。。 その時点で紙に名を書き入れている待ち人の分は確保されているが・・・それ以降は氷が無いらしい。。。

 待つこと1時間弱・・・ようやく席に案内された。 

 私は、生グレープフルーツミルクにアイスクリームのトッピングを、同行者はイチゴミルクにアイスクリームのトッピングをそれぞれ注文した。 私にとっては今夏二度目のかき氷だ。


               870-3.jpg


 この店のかき氷の特徴は既製品のシロップなどかけていないこと。 私のかき氷は文字通り生のグレープフルーツの果汁が氷にかけられ、氷の中に果肉もそのまま入っている。。。 さっぱり爽やかなフルーツかき氷だ。 同行者のイチゴミルクにしても・・・色鮮やか過ぎて “口に入れて大丈夫なのか?” と思えるような真っ赤なイチゴのシロップではなく・・・この店でイチゴから作ったというもので・・・なんとイチゴのツブツブまで見て取れる。 これまたイチゴジャムを爽やかにしたような味で実に美味しい。。。
 もちろん氷を口に入れた時の歯当たりに氷のガキガキ感など無く・・・ふんわりと美味しい氷だ。 唸った・・・。 このようなかき氷があったとは。。。 多くの人が待つのを覚悟で来るだけの事はあると納得。

 しかし、美味しいかき氷なだけに無念に思われてならないことがある。。。 実は、友人の一押しのかき氷にありつけなかったから・・・。


     870-4.jpg


 この張り紙にある「生桃氷」・・・これこそが友人のお奨めだったのだ。 生の桃の果汁と果肉を氷に・・・想像しただけで美味しそう。。。 この日は昼過ぎにはすでに売り切れになってしまったとのこと・・・(涙。。。) なんとかこの夏の間に「生桃氷」を食べてみたいものだと・・・心に誓った!(大袈裟?・・・笑)


     870-5.jpg


 せっかく蒲郡に来たのだからと・・・竹島に渡ってみることにした。 この竹島は陸から400mほどにある小さな島で、竹島橋を渡って陸からいける島だ。 どう記憶を辿っても・・・小学校の遠足で来て以来、この島に渡ったような記憶は無く・・・とにかく久しぶりにこの島に足を踏み入れることになる。


               870-6.jpg


 私たちは知らなかったのだが、海岸部にいやに人が多いと思ったら・・・その夜花火が上がるとのことで・・・続々と人が集まってきているようだった。
 橋を渡っていくと・・・やがて竹島にある八百富神社の鳥居が見えてくる。 いや、正確に言えば・・・この島全体が日本七弁天の一つとされる竹島弁天(八百富神社)の敷地なのである。 従って・・・神域である島の中で不埒な事はしてはなりませぬ!(笑)


     870-7.jpg


 振り返れば・・・旧蒲郡ホテル(現、蒲郡プリンスホテル)の雰囲気のある佇まいの建物がよーく見える。


               870-8.jpg


 鬱蒼と生い茂る木々の中にある八百富神社を詣でる。 なんでもこの神社は徳川家康も参拝したという記録も残る神社だということだ。 爽やかフルーツ味で冷やした体をまた暑さに晒して汗かきかきやってきた私に・・・きっとご利益あるだろうて。。。(笑)


               870-9.jpg


 参拝後は島の神社の裏手方向から島の海岸線に降り・・・気をつけないと寄せ来る波飛沫を頭からかぶりかねない海岸線の道を通って橋まで戻ることにした。


     870-91.jpg


 三河湾内とはいえ・・・風のせいか島に打ち寄せる波は結構荒々しく・・・いかにもここが海に浮かぶ島だと感じさせられる。


               870-92.jpg


 岸壁の岩に這いつくばるかのように・・・たった一輪咲いている鬼百合を見つけた。 鬼百合といえば、どちらかといえば山の中に咲くというイメージがあるのだが・・・このように潮風が吹き付ける岸壁にも花を咲かせるんだね。。。 その姿に思わず “がんばれ!” と声を掛けたくなるような気すらした。


               870-93.jpg


 そうかと思えば・・・このような蝉の幼虫の抜け殻の二段重ねも発見! おそらく背に乗っている方の幼虫が、先に孵化した抜け殻の背によじ登って孵化したものと思われるが・・・なにもそんな不安定な場所にわざわざ登ってこなくても・・・そう思えるのだが・・・。 でも、なんだかちょっとコミカルな光景だよね。


               870-94.jpg


 この島の方々に、海に突き出すこのような灯篭が観られる。。。 海の中でもこの灯篭の内側は神域であることを表すためか。。。 それとも・・・かつてはこの灯篭に火を灯し、日没後に海を行く船の安全を意図したか・・・。


               870-95.jpg


 実に久しぶりに訪れた竹島・・・思った以上に独特の雰囲気ある場所であることを再認識した。 ここに至っては、竹島に来るついでに美味しいかき氷を食べて来たのだ・・・そう言い換えておこう。。。(ちゃっかり?・・・笑) しかし・・・嗚呼・・・生桃氷。。。

 竹島から陸地に戻った頃には、花火目当ての人が益々多くなってきていた。 花火も観たいと思ったのだが・・・花火見物のための何の用意もないし、帰りの渋滞など考えると・・・ここは早々に引き揚げた方が得策と判断して停めた車に向った。

 花火見物デートということか・・・若いカップルの中には浴衣姿が可愛い女性の姿が目立った。 その浴衣姿・・・見る者は良いが・・・まだ陽のあるうちから浴衣で歩くのはいかにも暑そうでちょっと同情したくもなった。 まぁ、それでもそれぞれの夏を楽しむ人々の姿に溢れている海辺光景だった。。。


               870-96.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<百日咲き続ける花 | メイン | せせらぎ沿いの小さなユリ科の蘭?>>
コメント
- -

氷、美味しそうですねぇ~。
生桃もいいけど青梅も捨てがたいなぁ。
竹島にそんなお店があるとは知らなかった。
今度、行ってみまーす。
2010/07/27 10:05  | URL | mitsuri #-[ 編集] |  ▲ top

- mitsuriさんへ -

奇遇でしたね!
日曜の夕刻まで結構近いところにいたんですよね。(^^)

このかき氷のお店・・・竹島から車で10分もかかりませんよ。
ホントに美味しいですから!お奨めです!(⌒_⌒)
2010/07/27 23:12  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- おっと失礼! -

こんにちは!、今日来て吃驚!
かなりのアワテ者だということが暴露されたようでぇ~
前の記事にこの記事のコメント書いたようですわぁー・・・汗
2010/07/28 17:56  | URL | ヘルブラウ #OiQFw5LI[ 編集] |  ▲ top

- ヘルブラウさんへ -

いやいや~
ヘルさんもそんな勘違いをなさるということがわかって・・・なんだか一層親近感感じたりする私です。(^^)
2010/07/31 14:09  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/1012-563b6c2f
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。