2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
夏の山を歩く
- 2010/07/20(Tue) -
                          (Please click this photograph)
                 866-1.jpg

                    南アルプスの山並みを眺めるか?・・・ササユリ
 思いの他あっけなく梅雨が開けて・・・いきなりの暑さがやってきた。。。 天候に恵まれれば山を歩きたいと思っていた。 三連休の最終日の月曜・・・ようやく山に出かけることが出来た。


               866-2.jpg


 行った先は冬はスキー客で賑わう長野県の「ヘブンスそのはら」だ。 まずは、所要時間約10分のロープウェイで標高800mから1,400mまで一気に高度を上げる。 


               866-3.jpg


 ロープウェイで上がれば・・・そこには様々な花が植えられており・・・目を楽しませてくれる。 標高1,400mともなればとても涼しく・・・様々な花を眺めながら更に上へ運んでくれるリフトに向ってゆっくり歩く。


     866-4.jpg


 花が植えられている場所は冬ともなればゲレンデとなる。。。 夏のゲレンデは色とりどりに彩られる。


     866-5.jpg


 陽射しがとても強い。。。 だが、気温が低く、吹く風も涼しく・・・日陰に入れば スッ と汗がひんやりと冷える。


               866-6.jpg


 スキーシーズンにはスキーやスノボを楽しむ客を運ぶリフトに乗って更に200mほど高度を上げる。


     866-7.jpg


 リフトを降りると・・・南アルプスの3,000m級の山並みが眺められる光景が待っていた。 いい眺めだと思ってしばらく見惚れた。 他の人達も口々に “すごい” や “キレイ” などの感嘆の声をあげている。 だが・・・この先さらに上に向うとそこから眺められる光景はこんなものではなかった。 ここまで上がるだけで帰ってしまう人もかなりいるようだったが・・・それがいかに惜しいことか・・・後ほどよーくわかることになる。

 リフト乗り場から富士見台高原へのバスがある。 クネクネの山道をバスはゆっくりと進む。 時折、車窓からは思わず ほぉ。。。 と声が出てしまうような光景も眺められる。

 バスは富士見台高原山頂部の下にある高岳荘まで私たちを運んでくれる。 バスを降りてから・・・さぁ、山頂目指して登り道だ。 山頂まで30分強。。。


     866-8.jpg


 真っ青な青空と強い陽射しの下・・・熊笹の中を登る道・・・石がゴロゴロで写真で見るよりはるかに歩きにくい。 実は・・・現地に着いてトレッキングシューズに履き替えた時、シューズのソールに致命的な破損が見つかり・・・履いてきた靴(アウトドア用の靴なのだが悪路には不向きな靴)で歩くことを余儀なくされており・・・さすがにこの石がゴロゴロの道にはちょっと苦戦した。。。


               866-9.jpg


 足元に気を使いながらも・・・自然に視線は景色へと向ってしまう。 空はあくまで青く・・・陽射しはますます強くなる。 だが・・・1,700mの高度の涼しさが石ゴロゴロ登り道のキツさを和らげてくれる。


               866-91.jpg


 目線を上げれば・・・空の青と海のような熊笹の緑のコントラストが目に染みる。。。


     866-92.jpg


 雲もとても近く感じられ、尾根を越えて現れる雲に手が届きそうなほどに感じられる。。。


               866-93.jpg


 ところどころでササユリの花がまるで熊笹の中から顔を出すように・・・その愛らしい花の姿を見せてくれている。 なんでもここのササユリの最盛期は7月の下旬だそうで・・・まだ開花待機中に蕾もたくさん見受けられた。 


               866-94.jpg


 いくら気温が下界より10数度低いとはいえ、強烈な日差しに晒されての登りだ・・・息は荒くなり、背に汗を感じる頃・・・尾根道に出た。 山頂部も視認できる。 ここまで来ればもうこちらのもんだ。(笑) あとは一歩ずつ近づく山頂部目指して楽しんで歩いていける。


     866-95.jpg


 岩が積み上げられた岩場に登ってみた。 やはり・・・馬と鹿と煙りとSeionはあくまで高い所が好きなのである。(笑) なんだか一丁前のポーズをとっているようにも見えるが・・・この岩、ものすごく滑りやすく・・・気を抜いて足を滑らせて転倒したら、ただ事では済みそうも無く・・・実はかなり必死に足を踏ん張っていて、足は筋肉プルプル状態だったのだ。。。(笑)


     866-96.jpg


 山頂部に到着。。。 同行者の横に立つ看板の文字はすでに読み取れないが・・・ここの山頂部は1,739mだ。 特筆すべきは遮るものの無い360度の眺望が得られること。。。


     866-97.jpg


 山頂部から眺める南アルプスの山並みは・・・リフトを降りた所からの眺めとは比べ物にならない横の広がりのスケールの大きさと開放感・・・絶景だ。。。 


     866-98.jpg


 こんな雄大な光景を眺めていると・・・普段の生活の中で起こる諸々の事柄に知らず知らずのうちにとらわれてしまっている心を一旦リリースできるというか・・・リセット出来るというか・・・とにかく眼前の心地良いほどに広がる光景に心が共鳴していくような気がする。 だから山はいい。。。 だから自然の中に身を置くのはいい。。。


               866-99.jpg


 雄大な光景を眺めながらのランチタイム。。。 メニューはおにぎりとお湯を沸かしてカップスープを。。。


 空青く・・・雲近く・・・風涼しく・・・とても心地良い。。。 ここは紅葉もなかなか見事らしい。。。 また紅葉も見に来たいものだと思った。 ただし・・・紅葉時期には、この山頂部でのんびりとランチなどしてはいられないだろうが。。。


               866-991.jpg


 下の画像(↓)は・・・山頂部からの眺めを繋ぎ合わせてみたものだ。 360度というわけにはいかないが、270度くらいの眺めは雰囲気だけでも味わっていただけるかと・・・。 クリックして見ていただければ幸い哉。

 今回の記事は風景中心になったので・・・ササユリなど、この山で出会った花など・・・次回の記事にてご紹介させていただく予定。。。


                  866-0.jpg


            **この記事に何か感じるところがございましたらクリックいただければ幸いです**

                           ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト
この記事のURL | 季節折々 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<続・夏の山を歩く | メイン | 密やかに咲く河原撫子>>
コメント
- すごいっ! -

写真でも目を見張る景色です~(*^o^*)
こんなすばらしい景色 久しぶりに見せていただきました♪

長野県へ行かれてたのですね~(^-^)
登山もされるんだ~?
山頂部 1739m!!(@_@;)
女性の方も頑張られたのですね~素晴らしいです☆

(-ω-;)ウーン
これを見てたら どこか近場でもいいから
小さな山へ行きたくなりました・・・
って
登れるんだろうか・・(+_+)

素敵な写真ありがとうございました♪

もちろん 
パノラマ写真もみせていただきましたよ~d(*^o^*)b
2010/07/21 13:16  | URL | りん♪ #1QanCJFs[ 編集] |  ▲ top

- サーフィンが -

できる時間の余裕ができ、こちらに寄せていただき大正解!
暑さを吹き飛ばす爽快さで汗がすっと吹き飛んでいく様で~す。
Seionさんはかっこいいなぁ~、ほれぼれ~・・・笑
2010/07/21 18:00  | URL | ヘルブラウ #OiQFw5LI[ 編集] |  ▲ top

- りん♪さんへ -

嬉しいです~♪
私の写真でこの山の雰囲気や景色が少しでも伝わったようねあれば・・・とても嬉しいです!(⌒_⌒)

近年はもうあまり高い山には行っていませんが・・・山は昔から結構好きで。。。
雪山はやってませんけど。

雑っぽいパノラマ写真ですが・・・雰囲気伝わりましたか~?
2010/07/21 23:03  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top

- ヘルブラウさんへ -

おぉ。。。
私の写真で山の涼しさが伝わりましたか~? 嬉しいです!v(^^)v
カッコイイだなんて・・・(恥) なんもでませんが・・・(笑)
2010/07/21 23:05  | URL | Haru.Seion #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hananosakuoto.blog52.fc2.com/tb.php/1006-227e3e7b
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。